ちわわ服・チワワ服・chifuafuafuku・るな・ルナ・ブログ



はじめてご覧の方はこちら(コンテンツ一覧・更新情報)からどうぞ!

スポンサーサイト

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初めてのお散歩

2009/05/28 (Thu)

『るな』はお散歩が大好き。飼い主が外出するときは、いつでも『るなも連れてってーー』。
そんな『るな』ですが、最初の頃は家の外が怖くてしょうがない『びびり』さんでした。
wk01袋状のキャリングバッグに『るな』を押し込み、抱きかかえるようにして、とりあえず家を出ます。『るな』は首だけ出している状態。我が家の前は小さな路地になっていて、その中ならまだ大丈夫です。でも、路地から大通りに出ようとすると、キャリングバック越しに『るな』の心臓音が!大通りに出たりしたら、もう大変。『ドッキンドッキン』と大きくなるばかり。顔もキャリングバッグにうずめてしまう始末。しょうがないのですぐに家に戻ります。この間、わずかに1分!試しに、家の前で、地面に降ろしてみても、その場でかたまってピクリとも動きません。チビスケ『るな』には、お外の世界は、ありえないくらい広くて、まだまだ受け入れられなかったんですね。
何度もそうした『だっこ散歩』を繰り返し、少しずつ、慣らしていきました。『だいじょうぶだよー。こわくないよー』何度も言い聞かせながら。1ヶ月もすると『ドキドキ』もおさまり、段々と外の世界に興味がわいてきます。地面に降ろすと、わずかですが歩くようになりました。まだまだお散歩というには程遠い感じですが、無理やり歩かせて、お散歩にイヤな印象を持たれては台無しです。
しつけ教室の先生にも相談し、こんな感じで頑張ってみました。
まずは、公園など、安全な場所へ連れて行き、地面に降ろします。すると『るな』は周辺の匂いを必死に嗅ぎます。『るな』なりに、ここが安全かどうか一生懸命確認しているのでしょうね。ですから、『るな』がその場に慣れるまで、そのまま何分でも待ちます。『るな』が落ち着いてきたら、少し一緒に歩きます。立ち止まったら、無理せず休憩。匂いを嗅ぎ始めたら好きなだけ嗅がせます。落ち着いたら少し歩いて、、、とこの繰り返し。しばらくすると、そこそこの範囲が『るな』のテリトリーになるようで、あまり匂いも嗅がず、ちょこっと走ったりもします。
そんなことを繰り返しているうちに、いつの頃からか、どんな場所でも最初からリラックスしてお散歩できるようになりました。
ちなみに、子犬の初めてのお散歩は、2回目(3回目を勧める獣医師もいるそうです)のワクチンを接種し、1・2週間経ってから(ワクチンの免疫効果が出始めてから)、と言われています。『るな』の場合、我が家に迎えた時点で既に2回目のワクチン接種後1ヶ月以上経っていましたので問題ありませんでした。狂犬病注射やフィラリア、のみ・ダニ対策も、すぐに対応し、お散歩練習に備えたのでした。

スポンサーサイト

PageTop

日々のお散歩

2009/05/28 (Thu)

大きなワンコは、雨が振っても雪が降っても朝晩2回の散歩は欠かせない、などと聞きます。
『るな』は、お散歩は大好きですが、そのタイミングや回数は飼い主の気分次第です。そもそも人間が外出したがらないような天気は『るな』もイヤなようで、ある日、強風の中お散歩に連れて行ったら、足がすくんでしまって一歩も動きませんでした。ましてや雨や雪なんてとんでもない!
そんな気ままなお散歩しかしてませんが、おトイレは家でしっかり済ませますし、家の中で走り回っていますから運動不足ということもなさそうです。体重もここ1年ほど、2.2キロ前後で安定しています。
さて、『るな』のお散歩です。
ハーネスを巻いてリードを着けて、『そそう』の後始末用にトイレットペーパー少々とスーパーのレジ袋、ペットボトルの水といったところを小さな手提げに詰め込みます。
お散歩コースは10分ほどのショートカットから30分位まで。だいたい決まっていますが、その日の気分でウロウロと。。。
我が家は小さな路地に面していて、路地の先の大通りを渡るまでは『るな』を抱っこしたまま。安全地帯に着き、『るな』を降ろします。トコトコ歩いて、お友達の匂いを確認して、またちょっと歩いて匂いを嗅いで、、、を繰り返し、しばらくすると『そそう』や『マーキング』。もちろん、う○ちはトイレットペーパーで拾ってレジ袋でお持ち帰り。せっかくの『マーキング』も、ペットボトルの水を掛けて匂いを消します。
散歩時の『しつけ』、正直、『るな』には何も教えていないので、外にいるときは、『おすわり』も『待て』もできません(家の中ではバッチリですよ!)。ある程度大きいワンコはそうしたことが必須なのでしょうが、チビスケ『るな』は、そんなこと考える以前に、何かあったら(ありそうだったら)、抱きかかえてしまった方が早いので、教えそびれてしまいました。ですので、リードでつながれてはいますが、お散歩中の『るな』は、かなり自由です。あっちウロウロ、こっちウロウロ、テンションが上がってくると『るなダぁーッシュ!』。いきなり全速力で走り出します。飼い主の運動不足解消にもってこい?
すると、遠くにワンコ発見!『るな』は立ち止まり、その場で『伏せ』。ワンコが近づいてくるまでそのまま『じっ』と待っています。近づいてきたワンコの飼い主さん『まぁ、待っててくれたのぉ!』、『るな』は飼い主さんやワンコに猛アピール!調子に乗ってくると、仰向けにひっくり返って『お友達になってぇー』。wk02一連の動作を、我が家では『るな』の『いらっしゃいませ』と呼んでいます。一度、100メール以上先(相当遠く)にワンコ発見!、いつものように『いらっしゃいませ』。ところがやってきたのは『るな』の数10倍はある超大型ワンコ!。遠近感がつかめなかったのね。さすがにこわかったらしく、腰が引けてましたが、それでも一生懸命あいさつしていました。本当にどこまでもフレンドリーな『るな』なのでした。

PageTop

マイカーでおでかけ

2009/06/03 (Wed)

dv01妻と『るな』を連れてドライブ。妻は助手席で、少々だらしのない格好ですが座席前(エアバッグの下というか)の物入れに足を投げ出します。『るな』の特等席は、その太ももの上。『伏せ』の体勢で、フロントガラス越しに外の景色を満喫!
スピードが上がってくると興奮『早い早い!』。信号待ちで知らない人を見かけたら身を乗り出して猛烈アピール『るなを見てー』。
ある日、片道2車線道路で信号待ちをしていたときのこと。同方向の隣車線に、老夫婦が運転されていた高級車が止まりました。『るな』は、もちろんアピール!すると、運転されていた旦那様が『るな』に気付いてくれて、助手席の奥様共々、満面の笑みを返して下さいました。それが本当に素敵な笑顔だったので、今でも脳裏に焼きついています。『るな』すごいなー。一瞬で知らない人を『とびっきり』の笑顔にしちゃうんだから。
そして、目的地に近づくと歓喜のオタケビをあげます!『やったー!○○○だー!!』。何度も訪れた定番の場所はきちんと覚えているんですね。頭いいゾー。
まぁ、はしゃぎすぎて疲れると、妻のお腹の上で丸くなって寝てしまうのですが、こんな感じなので、ロング・ドライブもヘッチャラです。むしろ、ずっと変な体勢を強いられる妻の方がグロッキーに。二人仲良く、ぐっすり寝てて下さい

PageTop

自転車でおでかけ

2009/06/11 (Thu)

bc01
妻が『るな』を動物病院に連れて行くときは自転車を使います。また、天気が良い日には自転車で『超大回り散歩』に出かけることもあります。といっても、『るな』はキャリーバッグの中。前カゴから外を見ているだけです(キャリーバッグのフタは開けておきます)。中・大型ワンコのように、自転車で散歩を先導するようなことはしません(チビスケ『るな』では恐くてできません)。
我が家の自転車は折りたたみ式の小さなもの(20インチと16インチの2台)です。前カゴも、30×20×20(h)センチとミニサイズですが、『るな』のキャリーバッグには、ジャスト・サイズで、ちょうど良い具合に安定します。
『るな』は自転車でのお出かけも大好き!周りの風景や匂いに興味深々でキョロキョロと忙しいですが、首から下は行儀良くしてくれています。飼い主の方は、周りに注意しながら超低速の安全運転を心がけます。
それにしても、この格好は注目の的!こちらは自転車に乗っているので、まず話しかけられることは無いですが、女の子たちの笑顔と、ヒソヒソ声(『ねぇ、見て見て!カッワイイー♪』)の集中砲火は、男身には何ともウレシ・ハズカシ

PageTop

ドッグ・カフェ

2009/06/14 (Sun)

ドッグ・カフェ、我が家の周辺にも沢山あります。でも、正直、いまひとつ魅力が分りません。
『るな』と外出したのなら、何より『るな』に楽しく遊んで欲しい。そして飼い主も『るな』と楽しい時間を過ごしたいと考えます。ところが、一般的なドッグ・カフェを『ワンコ同伴可能な喫茶店』と捉えるなら、人間がお茶や食事をしている間、ワンコはテーブルの下で『じっ』としているだけ。もちろん、そうしたマナーの素晴らしいワンコは賢く大したものだと思いますが、せっかく『るな』と外出したのに、ただ行儀良くさせておくだけ、というのは何だかもったいない気持ちがしてしまいます。
ワンコ・メニューを置いてある店もあります。でも、チワワのような小型犬には、どのメニューも量が多過ぎ。どうしても何かあげたいときは、メニューにあれば『やぎミルク』を頼みます。そして家に帰ってからの食事を減らすようにします。
それでも、となりの席にいらっしゃったお客さんが素敵な方&ワンコだったりすると、初対面なのに親しくお話ができたり、ワンコ同士も触れ合えるなど、素敵な時間を過ごせることもあります。でも、そうした出会いは『運』ですからね。やはり、外出するなら、行っただけで『るなと楽しめる』場所を目的地にしたいと考えるわけです。
cf01そんな中、実は、これまでに何度も訪れているドッグ・カフェもあります。実際には、カフェというよりも、ワンコ・グッズのお店にカフェ・コーナーもある、といった感じなのですが、緑に囲まれたテラス席もあって、とても落ち着いた雰囲気のお店です。ここを訪れる目的は、2匹の看板犬。ヨークシャーテリアで、『るな』と同じ位の体型です。『るな』はこの2人が大好き!テラスの木漏れ日の中、3匹でじゃれあっている光景は平和そのものです。ですから、『カフェに行く』というよりも、『るなのお友達に会いに行く』、といった感じですね。このお店については、今度、訪れたときに、日記などで詳しくお伝えできれば、と思っています。
※2009/06/22 記事を書きました→こちらをご覧下さい。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。