ちわわ服・チワワ服・chifuafuafuku・るな・ルナ・ブログ



はじめてご覧の方はこちら(コンテンツ一覧・更新情報)からどうぞ!

スポンサーサイト

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

他の犬に慣れさせる

2009/06/10 (Wed)

他のワンコが大好きな『るな』。でも、最初からそんな積極的な性格だったわけではありません。初めてのお散歩で書きましたが、とっても『びびり』さんで、外の世界に慣れるのに1ヶ月以上掛かったのです。何とか頑張ってお散歩ができるようになってきたので、次はお友達作りだ!というわけで、小春日和のある日、小さなドッグランが併設されたドッグカフェを訪れました。ドッグラン・初体験です。リードをはずして、さぁ、好きなだけ走っておいで!でも、ほとんどその場を動きません。周りに知らないワンコがいるのが気になって動けないのです。他のワンコとの接し方を知らなかったのですから当然ですね。このままでは、『るな』の社会性に問題が・・・。
ac01一週間ほど経って、別のドッグサロンを訪れました。我が家から多少遠いのですが、川口市にあるアプリコットというお店です。ペットホテル、美容院、しつけ教室など色々なサービスがあるのですが、『るな』の目的はお店の中心にある室内ドッグラン。90分500円で入場することができます。ここで、『るな』は洗礼を受けたのです。
店内には、アプリコットの住人ワンコやホテルで預かっているゲストワンコが沢山います。見慣れないチビスケに興味津々で突進してくる彼ら・彼女ら。耳を後ろに寝かせて逃げ回る『るな』。助けを求めて飼い主にすっ飛んできたのは、後にも先にもこの時だけです。でも、ドッグランには、しつけ教室の先生でもある従業員のおねえさん達がいてくれるので安心です。沢山のワンコを観察できましたし、飼い主的には色々と勉強になった90分間でしたが、『るな』はどうだったんだろう。結局、最後まで、どうしたらいいのか良くわからない、といった感じでしたが、それでも、何人かのワンコと多少の触れ合いも経験しました。多分、こんなことを繰り返していけば、いつかは色々なワンコとお友達になれるんじゃなかろうか、などと感じた次第です。
さて、この日アプリコットを訪れたのは、実はもう一つの目的がありました。それは、一時預りの下見です。どうしても帰りが夜遅くなってしまう予定があったので、そのときに『るな』を預かってもらうホテルやサロンを探していたのです。
一時預かりのポイントとして考えていたのは、ケージに入れず、面倒をみてくれること。一度、ショッピングセンター併設のサロンでトリミングをしてもらったとき、『るな』は壁一面のケージの一つに入れられてしまいました。何十というケージに1頭ずつワンコが入れられ、皆、泣き叫びんでいます。『るな』もそんな雰囲気にのまれて、声を限りに絶叫していました。その姿があまりに悲しくて、『ごめんね。二度とこんな目にはあわせないからね』。アプリコットの広いドッグランやおねえさん達のしっかりとした対応に安心・納得し、一時預かりについても、その場で予約したのでした。
そして、一時預りの当日。この日、『るな』の何かが目覚めました。前回は90分間のワンコだらけ体験でしたが、今回は6時間!おねえさんの話だと、ごはんをしっかり食べて他のワンコたちとも仲良く遊んでいたとのこと。恐らく、6時間という時間と、おねえさんの心得た面倒見によって、『るな』が本来持っていた超フレンドリーな性格が開花したのでしょう。この日を境に、『びびり・るな』はめでたく卒業となったのでした。『るな』、良かったね

スポンサーサイト

PageTop

『るな』の困った(うんちを食べちゃう)

2009/06/12 (Fri)

un01『るな』は、とっても良い子ですが、自分の『うんち』を食べちゃう(『食糞』というそうです)のだけは困ったものです。何とか止めさせたいのですが、なかなかうまくいきません。
飼い主の目の前で『うんち』をしてくれれば、もちろん、すぐに片付けてしまうので問題ありません。『るな』も『うんち』をすれば『おやつ』がもらえることを知っているので、基本的には飼い主がいるときにしてくれます。
でも、飼い主が見ていないときに『うんち』をしてしまったら・・・、きれいに食べられてしまいますトイレにはかすかに『うんち』の痕跡が残っていますが、見事に完食です。そして、これを発見したときの『叱り方』が難しい。トイレのかすかな『うんち』の汚れを指差して『ノー!』だと、『うんちをしたこと』に対し叱られたと感じてしまうかもしれません。そもそも、いつ頃した『うんち』なのか分らないので、『るな』は何を怒られているのか理解できないみたいです。ワンコを叱る基本は現行犯ですからね。食べている現場に遭遇すれば、いくらでも叱れるのですが、なかなかそうした機会は訪れません。
食糞をやめさせるグッズもあります。グッズには、辛味や苦味などの成分を『うんち』に振り掛けるタイプと、食事に混ぜるなどして『うんち』の味を変えてしまう(辛くなったり苦くなったりするらしい)タイプがあります。振り掛けるタイプは、『うんち』をそのまま放置しなければならないわけですから却下。食事に混ぜるタイプも、『うんち』の味が変わるということが、何か相当な刺激物を与えるような感じがしてしまって納得できず躊躇しています。
良い方法があれば良いのですが。。。

PageTop

苦手なもの(大きな音)

2009/06/15 (Mon)

『るな』の一番苦手なもの、それは『大きな音』。例えば、カミナリ、暴走車のエンジン音・ブレーキ音、緊急車両のサイレン音などなど。おそらく、多くのワンコも苦手と思いますが、家の外でそうした大音量が鳴り響くと『るな』は怖くなって低い声で『ぅぅぅぅ・・・』、我慢できなくなると『ワン』と一声。『大丈夫だよー。怖くないよー』抱きかかえて頭をなでてあげます。抱っこしていてあげれば必要以上に騒ぎ立てることもありませんし、まぁ、かわいいもんですね。
でも、どうにも我慢できなかった一夜がありました。近所の花火大会です。
8月、町内会の盆踊り大会が開かれるのですが、そのメイン・イベントとして、打上花火が行われます。毎年、妻と二人で出かけるのですが、2008年は浴衣でおめかしした『るな』も一緒でした。
町内会の花火大会ですので、名だたる花火大会とは異なり、大した人出ではありません。そのかわり、会場周辺はどこでも特等席。目と鼻の先で繰り広げられる花火の迫力は相当なもの。天上から火の粉が降ってきて自分が花火の輪に包まれてしまうかのような感動があります(というか、2007年まではありました。都合により2008年は花火の尺数を小さいものにしてしまったそうで、感動もほどほどに・・・)。そして大音量。光と音の時差ゼロ。言葉は悪いですが、まさに『爆撃』です。
hb01『るな』がそれまでに耳にした最大音量だったことは間違いありません。飼い主の腕の中でジタバタ。前足でしっかりと飼い主の肩をつかんで心臓もドッキドキ。後ろ足はピクッピクッと動くだけで、どうも腰が抜けてしまったような感じです。余りに怖すぎて一声も出ませんが、『やだヨー、こわいヨー、帰ろーヨー』といったところでしょうか。
ちょっとかわいそうなので、早々に帰宅。家に着くと何事もなかったように落ち着いていましたが、気が付くと、あれっ、飼い主の布団に異変が!何と、こんもり『う○ち』をされてしまったのです『いやなことされたー!』腹いせなんでしょうね。まぁ、叱りはしましたが、よっぽど怖かったんだろうなぁ、と飼い主も苦笑い。
今年はどうしようかなぁ。実は、大人になったのか、最近、カミナリにそんなに動じなくなってきたのです。でも花火のスケールは桁違いだし。でもでも、かわいい浴衣も買ったことだし・・・。

PageTop

掛け声

2009/06/16 (Tue)

st02ワンコに命令するときは、ワンコが混乱しないような掛け声が大事。注意点としては、シンプルな掛け声、掛け声と行動は一対一、ハッキリとしゃべり余計な言葉を足さない、などですかね。
『るな』への掛け声ですが、必要最小限といった感じで、もう少し、色々と熱心に教えれば良かったかな?とも思います。特別なものはありませんが、ざっとこんな感じです。
おすわり:おすわりの姿勢をとります。
伏せ:伏せの姿勢をとります。『るな』は『おすわり』より『伏せ』が好き?で、『おすわり』と言っても『伏せ』までいっちゃうことが、ままあります。
お手:左手でお手をします。おすわりの姿勢で、人間が右手を差し出すと、お手と言わなくても『お手』をしてしまいます。『おかわり』は教えていないのでできません。
ノー:叱るときはこの一言。
ハウス:一目散にケージに飛んでいきます。ケージに入ったら、おやつをもらえます。
待て:『伏せ』の状態で、『待て』。そのまま『じっ』としています。
良し:『待て』の解除です。『伏せ』の状態で、鼻先10センチくらいのところにクッキーを置いて『待て』。ちゃんと『良し』が出るまでそのまま待っています。でも、『待て』の時間がちょっと長いと、お口中『よだれ』だらけに
だっこ:呼び主が正座の状態で『だっこ』。ひざにピョンと飛び乗っておやつをおねだり。
バーン:唯一?の芸です。
あと、何度も練習したのですが、いまひとつ覚えてくれないのが『おいで』。一応、呼び主の方に顔を向けてくれるのですが、来るときと来ないとき、まちまちです。呼び主がクッキーを持っていれば100パーセント飛んできますけどね
ちなみに、全部、家の中でできることです。お散歩中など、屋外では何も教えていないので、たぶん、できないと思います。また、外出先ではシチュエーション次第。人が少なければ落ち着いて何でもできますが、何人もの人間に囲まれてしまうと、一気にハイ・テンション!、ウレシさのあまり飼い主の命令なんて全く聞いちゃいません。『わーい、お友達たくさーん、みーんな、るなと遊んでくれるんでしょー!』。

PageTop

叱る

2009/06/17 (Wed)

『るな』を叱るときの言葉は『ノー』。悪さをしている『るな』はビクッとしてこちらを見ます。強く叱るときは、鼻や口をつまんで、ダメ押しで『ノォォーッ!』。『キューン』と、なさけない声を出したら放します。
『るな』を叱るシチュエーションは、ざっとこんな感じ。
変なもの(床・畳・壁・石ころなど)をなめる
階段を登る
うんちを食べる
・吠える
・ちゃぶ台に乗っかる
最初の3つはリンク先の記事をご覧ください。最後の2つについてですが、まずは『吠える』。『るな』は、普段、ほとんど吠えません。しつけたからではなく、元々あまり吠えないワンコでした。ですので、そんな『るな』が吠えるということは、何かよっぽど伝えたいことがあるときなのだと思います。例えば、聞いたことがない物音がずっと続いている、近所でワンコが吠え続けている、など。そんなとき、『るな』は、低く小さな声で、『ゥゥゥゥー』とうなり出し、一声『ワン!』。でも、吠えると怒られることを知っているので、『やっちゃったー、やっちゃったー、どうしよう・・・』とキョロキョロ・ウロウロ。必死の思いで危険を知らせてくれているんでしょうね。健気ではありますが、もちろん『ノー!』。
st03次に、『ちゃぶ台に乗っかる』。『ちゃぶ台』とか『座卓』とか『こたつ』とか、そういう低いテーブルなのですが、最初の頃、よく乗っかってしまったので、強く叱りました。今では全く乗ろうとしません(下にもぐることはあります。飼い主の手が届かない安全地帯のつもり?)。やはり、人間が食事をするところですからね。そういうところに乗ってしまうクセは、できるだけ早くに無くしておきたいところです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。