ちわわ服・チワワ服・chifuafuafuku・るな・ルナ・ブログ



はじめてご覧の方はこちら(コンテンツ一覧・更新情報)からどうぞ!

撮影会

2009/07/03 (Fri)

df01色々なペット撮影会が各所で頻繁に行われています。『るな』も、ペットショップや百貨店の即席撮影会やワンコ雑誌のイベントなどに参加したことがあります。
即席撮影会とは、店先に簡単なセットを用意して店員さんがシャッターを押すようなお気軽なもの。『るな』は、何人もの人に囲まれると、いきなりハイテンションになってしまうので、ひと時も『じっ』となんかしていられません。『おねんさん、遊んでー』。無理やり撮った写真は、ポーズも目線もあったものじゃない、何だかよくわからない代物になってしまいます。それが、お店に飾られるので、ちょっと恥ずかしいというか微笑ましいというか
ワンコ雑誌のイベントとは、ちまたで有名?な『DOGFAN撮影会』のこと。ちゃんとしたセットでプロのカメラマンが無料撮影してくれます(完成した写真を手元に置きたい場合は、別途、写真代金と送料が必要)。とある冬の日曜日、我が家から近い(電車で数駅)大宮駅前のペットショップで開催、ということで、『何事も経験!』、一度だけ軽い気持ちで臨みました。集合時間の15分前に到着したのですが、既に沢山の飼い主&ワンコであふれかえっています。確か先着100名とかだったので、『ダメかも』と思いましたが、なんとかセーフ。それにしてもすごい熱気です。後で雑誌を見て知ったことですが、この雑誌、同時期に関東地方で3箇所も撮影会を行っていました。そして、そうした撮影会を全部『はしご』しているような常連の飼い主さんが何人もいたのです(気さくにお声を掛けて下さった常連さんは、はるばる横浜からいらっしゃったとのこと)。気合が違いますねー。
受付を済ませ、撮影会スタート。『るな』の撮影順まで2時間ほど。その間、店内を散策したり他のワンコの撮影の様子を見学したり。うまくポーズを決められないワンコが沢山いて、カメラマンやスタッフ、そして飼い主さん達は悪戦苦闘の連続。でも、常連の皆さんは、自分達なりの『流れ』を持っていて、道具や掛け声を駆使して整然と撮影が進んでいきます。すごいなー。『るな』、おとなしくしていられないよなぁ。上の写真は、待ち時間中にマイカメラで練習撮影したヒトコマです。これくらい落ち着いて撮れればバッチリなんだけどなぁ。
さて、『るな』の番です。案の定、カメラマンさん・スタッフの皆さんに囲まれて落ち着かない『るな』。さらに、飼い主のテンパッた様子にタダならぬ雰囲気を感じたか、段々と不安そうな表情に。セットの椅子の上で、どうしていいか分らなくて、中腰でウロウロ・キョロキョロ。そして床に飛び降りてしまいます。椅子の上に戻しても、またすぐに飛び降りてしまう。何度も何度も、その連続。そんなドサクサの中で、沢山シャッターを切っていただき、ちょっとでもマトモかなぁと思える写真を一枚選んで、何とか終了。
迷惑掛けちゃったかなぁ、という軽い罪悪感と脱力感でグッタリしてしまいました。これは、相当ハードル高いぞ。まぁ、撮影会の常連になる気はないのですが、大勢の人の中でも、きちんと落ち着かせる術は必要かもしれませんね。
後日、DOGFAN(2009年2月号)を購入。『るな』の写真も、グラビアページに小さく載っていました。ささやかな雑誌デビュー

PageTop