ちわわ服・チワワ服・chifuafuafuku・るな・ルナ・ブログ



はじめてご覧の方はこちら(コンテンツ一覧・更新情報)からどうぞ!

スポンサーサイト

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

病院選び

2009/05/15 (Fri)

動物病院には、病気のときはもちろん、ワクチン接種や予防薬の投与など、年間を通じてお世話になりますので、必ず主治医を選ぶ必要があります。
『るな』の場合、まずは『自宅から一番近い』病院にお世話になったのですが、半年ほどで、今現在お世話になっているお医者さんに替えました。
最初のお医者さんには、避妊手術を施術していただくなど本当にお世話になったのですが、診察のたびに、いまひとつ『不安感』を抱えてしまうことが多く、『今後もずっとこの先生に診てもらうのは耐えられない』気持ちが大きくなってしまったのでした。
なぜ、『不安』になってしまったのか。理由は、お医者さんが『飼い主の話を十分に聞いてくれない』ことです。こちらが感じていることを一言二言しゃべると、途中でさえぎり、症状の原因の可能性や数ある治療方法を機関銃のように話し出します。『ちょっとずれているな』と感じても、途中で割り込むことは許されません。どんどん話しが広がっていって、最後に、『で、どの治療方法にします?』。『え、えーとぉ、、、』。
『お医者さんを替えたいな』と思ったものの、手当たり次第に病院を訪ねるわけにも行きません。妻がとった行動は、『色々な飼い主さんに聞きまくる』でした。『るな』と散歩をしていると沢山のワンコに出会います。幸い『るな』は知らないワンコや人間が大好きなので、そうした初対面の飼い主さんとも気軽に会話ができます。そこで、『どこの動物病院に行ってますか?』『先生はどんな方ですか?』など、さりげなく聞きまくり、情報を集めました。結果、ちょっと遠いのですが、自転車で10分ほどのところにある小さな動物病院に行ってみることに決定!そこのお医者さんは本当に素敵な女医さんで、どんな小さなことでもきちんと受け止めていただき、頭の回転の遅い私達に納得がいくまで説明してくれます。
ちなみに『るな』は病院でもアイドル!一度、『薬をもらいに行くだけだから』、と『るな』抜きで病院を訪ねたら、『今日は、るなちゃん、いないんですかぁ・・・』。ごめんなさい。毎月一度はお顔を見せに行きますので、これからも末永く宜しくお願い致します。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。