ちわわ服・チワワ服・chifuafuafuku・るな・ルナ・ブログ



はじめてご覧の方はこちら(コンテンツ一覧・更新情報)からどうぞ!

スポンサーサイト

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初めてのお散歩

2009/05/28 (Thu)

『るな』はお散歩が大好き。飼い主が外出するときは、いつでも『るなも連れてってーー』。
そんな『るな』ですが、最初の頃は家の外が怖くてしょうがない『びびり』さんでした。
wk01袋状のキャリングバッグに『るな』を押し込み、抱きかかえるようにして、とりあえず家を出ます。『るな』は首だけ出している状態。我が家の前は小さな路地になっていて、その中ならまだ大丈夫です。でも、路地から大通りに出ようとすると、キャリングバック越しに『るな』の心臓音が!大通りに出たりしたら、もう大変。『ドッキンドッキン』と大きくなるばかり。顔もキャリングバッグにうずめてしまう始末。しょうがないのですぐに家に戻ります。この間、わずかに1分!試しに、家の前で、地面に降ろしてみても、その場でかたまってピクリとも動きません。チビスケ『るな』には、お外の世界は、ありえないくらい広くて、まだまだ受け入れられなかったんですね。
何度もそうした『だっこ散歩』を繰り返し、少しずつ、慣らしていきました。『だいじょうぶだよー。こわくないよー』何度も言い聞かせながら。1ヶ月もすると『ドキドキ』もおさまり、段々と外の世界に興味がわいてきます。地面に降ろすと、わずかですが歩くようになりました。まだまだお散歩というには程遠い感じですが、無理やり歩かせて、お散歩にイヤな印象を持たれては台無しです。
しつけ教室の先生にも相談し、こんな感じで頑張ってみました。
まずは、公園など、安全な場所へ連れて行き、地面に降ろします。すると『るな』は周辺の匂いを必死に嗅ぎます。『るな』なりに、ここが安全かどうか一生懸命確認しているのでしょうね。ですから、『るな』がその場に慣れるまで、そのまま何分でも待ちます。『るな』が落ち着いてきたら、少し一緒に歩きます。立ち止まったら、無理せず休憩。匂いを嗅ぎ始めたら好きなだけ嗅がせます。落ち着いたら少し歩いて、、、とこの繰り返し。しばらくすると、そこそこの範囲が『るな』のテリトリーになるようで、あまり匂いも嗅がず、ちょこっと走ったりもします。
そんなことを繰り返しているうちに、いつの頃からか、どんな場所でも最初からリラックスしてお散歩できるようになりました。
ちなみに、子犬の初めてのお散歩は、2回目(3回目を勧める獣医師もいるそうです)のワクチンを接種し、1・2週間経ってから(ワクチンの免疫効果が出始めてから)、と言われています。『るな』の場合、我が家に迎えた時点で既に2回目のワクチン接種後1ヶ月以上経っていましたので問題ありませんでした。狂犬病注射やフィラリア、のみ・ダニ対策も、すぐに対応し、お散歩練習に備えたのでした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。