ちわわ服・チワワ服・chifuafuafuku・るな・ルナ・ブログ



はじめてご覧の方はこちら(コンテンツ一覧・更新情報)からどうぞ!

苦手なもの(大きな音)

2009/06/15 (Mon)

『るな』の一番苦手なもの、それは『大きな音』。例えば、カミナリ、暴走車のエンジン音・ブレーキ音、緊急車両のサイレン音などなど。おそらく、多くのワンコも苦手と思いますが、家の外でそうした大音量が鳴り響くと『るな』は怖くなって低い声で『ぅぅぅぅ・・・』、我慢できなくなると『ワン』と一声。『大丈夫だよー。怖くないよー』抱きかかえて頭をなでてあげます。抱っこしていてあげれば必要以上に騒ぎ立てることもありませんし、まぁ、かわいいもんですね。
でも、どうにも我慢できなかった一夜がありました。近所の花火大会です。
8月、町内会の盆踊り大会が開かれるのですが、そのメイン・イベントとして、打上花火が行われます。毎年、妻と二人で出かけるのですが、2008年は浴衣でおめかしした『るな』も一緒でした。
町内会の花火大会ですので、名だたる花火大会とは異なり、大した人出ではありません。そのかわり、会場周辺はどこでも特等席。目と鼻の先で繰り広げられる花火の迫力は相当なもの。天上から火の粉が降ってきて自分が花火の輪に包まれてしまうかのような感動があります(というか、2007年まではありました。都合により2008年は花火の尺数を小さいものにしてしまったそうで、感動もほどほどに・・・)。そして大音量。光と音の時差ゼロ。言葉は悪いですが、まさに『爆撃』です。
hb01『るな』がそれまでに耳にした最大音量だったことは間違いありません。飼い主の腕の中でジタバタ。前足でしっかりと飼い主の肩をつかんで心臓もドッキドキ。後ろ足はピクッピクッと動くだけで、どうも腰が抜けてしまったような感じです。余りに怖すぎて一声も出ませんが、『やだヨー、こわいヨー、帰ろーヨー』といったところでしょうか。
ちょっとかわいそうなので、早々に帰宅。家に着くと何事もなかったように落ち着いていましたが、気が付くと、あれっ、飼い主の布団に異変が!何と、こんもり『う○ち』をされてしまったのです『いやなことされたー!』腹いせなんでしょうね。まぁ、叱りはしましたが、よっぽど怖かったんだろうなぁ、と飼い主も苦笑い。
今年はどうしようかなぁ。実は、大人になったのか、最近、カミナリにそんなに動じなくなってきたのです。でも花火のスケールは桁違いだし。でもでも、かわいい浴衣も買ったことだし・・・。

PageTop